0皿目:フィリピン英語留学!

スポンサーリンク
インド生活
スポンサーリンク

2018/11/10(土)17:52(インド時間)

Kamusta!! (タガログ語 in フィリピン)

ども、モアイです。

 

今回は、インド駐在に関する投稿1発目ということで、

内示を受けてから駐在し、インドに到着したところまでの思い出を書きたいと思います。

 

皆さんは、海外留学をしたことがありますか?

英語を上達させるには、留学が手っ取り早いと理解していても、

なかなか踏み込めないものだと思います。

今回は、インドまでの道のりの中で、

フィリピン留学をしてきた私の感想や留学の良さを少しPRしたいと思います。

もちろん、英語が少しでも話せるようになる。なにより自身がもてるということが

なによりも留学をして得られるメリットだと思います。

ある日、突然の内示

2017年4月2日(金)の午後、私の予定欄に会議を入れられていましたが、優先度が低そうな会議だったので無視していると工場長から電話があり、すぐ来いとのこと。

バタバタ会議室にいくと工場長のみ座っていました。

そして、「インドに出向となった。がんばってね」と一言。

 

急な異動となり、インドであったりと混乱するなかGW最終日にフィリピンに英語語学留学へ行くことに。

混乱しまくる週末を送りました。そもそも私は海外旅行は好きですが、TOEICは400点くらいしかなくきちんとした会話なんてできませんでした。

英語力、フィリピン、インドという大きな壁を感じブルーになってました。

そして、GW初日。。。

ずっと前から予定していた東南アジアへ「旅」に出ました!!インドに行くのであれば、日本にもっと居たかったな!と思いつつ胸を躍らせて友人と日本を脱出!!

ルートは、バンコク(タイ)、シェムリアップ(カンボジア)、ホーチミン(ベトナム)

とても忙しいスケジュール。(4月29日~5月5日)そして、帰国したらすぐにフィリピン。そして、インド。

世界を又に駆けるということは、コレか?と感じました。

なにせツアーではないので、まずは航空券 の手配から行っておりました。短い期間で3カ国という弾丸旅行を120%楽しむために常にクチコミを調べ、満腹であっても突撃していきました。

この旅が終えると、海外に住むということを意識してか、的に現地人と英語で話すことを試みましたが、やはり上手く話せず、より一層不安になるモアイでした。

フィリピンへ語学留学

個人的な旅で元々なかった英語への自身がさらになくなったモアイでしたが、ついにフィリピン語学留学へ赴きました。

そこには、天国が待っていました。

なぜなら、リゾート地だったのです!

土日は、海や山、そして、大学生や社会人の若い子に囲まれて楽しく飲んで、遊んで暮らしていました。

「新しい彼女でも捕まえたろかい!」って思っていましたが、なんかどうでもよくなるほど、楽しく過ごせていたこともフィリピン留学のスゴイところでした!

そして、肝心の英語力でしたが英語の上達も感じることができました。学内実力試験では、入学時は、300~400点程度でしたが、卒業時には500~600程度ということで、なかなかいい感じでした。このままあと6週間くらいいたら、700~800点くらい行けたかもしれません!

その理由は、フィリピン人講師は、英語が本当に上手で、若干20歳の先生でも、TOEICは900点以上!!発音もキレイで聞き取りやすかったです。

わたしの教育コースは、スパルタコースの6週間。朝9時からスタートして夕方5時まで。そして、スパルタコースは、夕食後の8時から10時までは自習です。

ここだけは天国ではなかったです。

入学後の1週間は英語漬けによる頭痛をきたしておりましたが、その後は、だいぶん余裕がでてきて、楽しめるようになってきました。英語が話せるようになると非常に楽しく、外国人と話せることで世界が広がった気がしました。皆さんも英語を一度勉強してみてください!

英語スキルの向上したことに対して、「潜在能力に上限がないのでは?」と思っていましたが、どうやら私が行った学校は、先生たちが優秀らしいです。

人事は、留学情報サイトからクチコミをみて選んだといってましたけど、その後、クチコミと実情を調べましたが、なかなか正確な情報でした!みなさんも、自分に合った学校を選んでみてくださいね!

ちなみに私が通った学校は、EG ACADEMY@アンへレスです。

この学校が、他所と比べてどう違うかは、私はわかりませんが、留学先比較サイトの現地取材員がちょうど訪問していて話す機会がありましたので、この学校の評価をきいたところ

  • 他所と比べて、建物も比較的キレイで水回りも清潔だから良い。
  • 食事は、韓国系が多いが他所のご飯よりもレパートリーが豊富

とのことでした。たぶん私も同意できます。不快感はあまりありませんでした。唯一気になったのが、

  • Wi-Fiの弱さ

もし、皆さんがこの学校に行ったら、初日にショッピングモールに行くので、海外SIMを買って、自分のケータイSIMと交換してください。プリペイド式なので、チャージするだけですし、現地スタッフが教えてくれます。

そのほかは、天国です。そのショッピングセンターの近くには、

  • ウォーキングストリート
  • カジノ
  • 屋上プール、そして、DJ付きのバーが備わったホテル(ABCホテル)

などがあります。そのほかでは、ちょっと離れたところに

  • シューティングレーン(鉄砲が撃てます)

現地の先生が企画してくれる

  • キレイな海への海水浴ツアー

なんかがあり、もう楽しくて仕方なかっです。日本に帰りたくないとすら思いました。

そのほかでも、留学時に仲良くなった先生がオンライン英会話を副業でやっていましたので、興味がありましたらコメントください!

紹介させていただきます。彼は、親父さんがアメリカ人らしく、アメリカ英語を話しますし、文法(Grammer)やコトワザ(Idiom)も教えることが非常に上手でした!なによりも面白いところ強みなヤツです。笑

 
ついに死刑執行(渡印)のとき・・・

楽しい楽し~いフィリピン留学を終えて、ついに陸の孤島、我が工場のある僻地に出向となりました。。。その地に踏み入れるためには、以下のルートとなり、移動に2日かかります。

飛行機 : 日本 → タイ → コルカタ 【14時間(トランジット含む)】

列車 : コルカタ → 村 【10時間】

日本からインドに到着したときには、もうヘトヘト。。。インド時間の2時に着きます。インドと日本は時差が3時間半ありますので、日本は、5時半。。。もう丸一日起きていることになります。

やっとコルカタ空港に着いたわい!っと思った矢先、フィリピンでは、味わえないインド独特のオモテナシが御座いました!

そう。。。まずは、ニオイです。コルカタ空港に降り立ったら既に香ってくるエスニックな香り。オブラートに包まず表現するとクサイです。

早くも異国を感じさせてくれる偉大なる国Great Indiaでしたああぁぁ。。。

ちょっと長くなりそうなので、

ちょっとした まとめ

ココまでで何にもまとまりませんが、

まだまだ長くなりそうなので、いったん締めます!

  • フィリピンは楽しい。(また行きたい)
  • 英語も話せると楽しい。(今でも勉強を続けることができるほどです)
  • インドは遠い。そして、エキゾチック インディァーン!

でもめた旅行より楽じました。

みなさんもどんどん海外旅行にでかけて、

未知なる世界を見てきましょう!!

今回はココまで。

はじめブログを書くことになり思ったことは、ブログって非常に大変であるということを思い知らされました。でも、結構面白いです!!

皆さんも、もし興味があれば、ブログをStartしてみてください?

毎日、更新することは無理ですが、がんばります!皆さん、見てくださったらコメントをお願いしますね!!

【前の記事へ】 【次の記事へ】

コメント