1株目:株式投資状況(私が犯した過ち)

スポンサーリンク
HP紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日は、株式投資状況について報告します。

私が株投資を行い始めた時が2018年11月2日。ちょー最近です。まずは、勉強のつもりで欲望にマミレタ目で株を買いました。

皆さんは、どんな株に注目して、どういう買い方・売り方をしますか?

私は、そこに軸がなかったので、少し二の足を踏みながらなかなか成果を出せていない状態です。自分を見つめなおすことから始める必要があります。

スポンサーリンク

<a href=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3428222&pid=885485252″ target=”_blank” rel=”nofollow”><img src=”//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3428222&pid=885485252″ border=”0″></a>初めての株式投資。そして、恐れ

私が初めて選んだ株は、KYB(カヤバ)でした。

2018年10月、KYBとその子会社のカヤバマシナリーが「免震用オイルダンパー」および「制振用オイルダンパー」の検査データを改竄していることが明らかになり、株価が半分以下(約5000円⇒約3000円)となりました。

そのとき私は、KYBが潰れることはなく、いずれ上昇する。必ず上昇するから、そこで売れば儲けるじゃないか!おいしいぜ!っと思って購入しました。

初めての株購入で、不祥事のあった株に28万円。・・・大胆だったと思います。

次の日、そして、その次の日、まだまだ下がりました。あーーーー。こわいー。そわそわする。仕事どころではかったです。笑。さらに、その日は金曜日、この気持ちのまま土日を過ごすなんて心臓に良くない!と恐れて、+5000円くらいになったところで急いで売りました。

安心しましたが、翌週は始めから株価が上昇。利益が出たのに何故だか損した気持ちになりましたが、まずは、落ち着きました。

これが初心者がよく陥る精神状態なのだと感じ勉強になりました。しかし、それに気づくのは、数回違う株に手を出してからのことでした。

株取引履歴

初めての取引から、数度取引を行った実績を以下の表に示します。

今のところは、2.4万円程度プラスですが、現所有を加味するとマイナスです。3つの株の損益を計上するとー5万円であり、初めて私はブルッちゃいまいした。

正直、2.4万円を儲けたときは、意外とイケる!とどのホームページにも書いている「天才と勘違いする」ところに向かっていました。(まだ天才とかは思ってはいませんでしたが。。。笑)

あれよあれよと株価が下がります。中間選挙や米中貿易摩擦等の不安定材料があるなか始めた私も駄目でしたね。

しかし、これら株は将来増加すると私は信じていますので、目先の利に翻弄されることなく、信じて持ち続けます。

株式投資で大切なこと

それは、「売りタイミングの落とし所」をどこにするか。という言葉がどのサイトや本を読んでもかかれており、「なるほどなるほど」と頭ではわかっていましたが、実際のその現場に立ち会うと欲望と恐怖がせめぎ合い、実行できずにいることが多々あります。その言葉が真理だと少しだけ身をもって学べました。

初心者(私)が思い浮かべるトレーディング状況が以下のとおりです。

  • 株価上昇 → まだ上がるはず。
           まじか、下がったわ。むしろ、損した。売っとけば。。。
         → こんだけ上がってきた、そろそろ下がるんじゃ?
           でも、上がるはず。俺も波に乗れ!
           まじか、買った途端に。。。俺、呪われてるのか?
  • 株価下落 → 下がりに下がったから、そろそろ上がるはず
           いつになったら上がるんだ!少しずつ下がってるし!
         → どんどんさがってる、早く不安から逃れたい。
           これ以上、損をしたくない。売ってしまえ。あぁぁ~

と、まだまだ色々な経験をしなければなりませんが、自分なりの失敗を体験してきました。

「あの時こうしておけば」と、私は失敗しないと学べないタイプなので、必要な勉強となりました。

このとき、共通していることは、「上がるはず」なのです。しかし、何を根拠に「上がるはず」といっているのか。それは、まだ明確には理解はできていませんが、「簡単には上がらない!」ということは理解できました。

つまり、たった「1」の株価が「上がるエネルギー」と「下がるエネルギー」は等しくなく、「上がるエネルギー」<「下がるエネルギー」という、普通に考えたら当たり前の関係が成り立っていることに、やっと気づくことができました。

下がるエネルギー(売り:人の現実化(利確)したい欲)が常に存在するなか、下がるかもしれないという外乱がある故に、上昇エネルギーが押さえられるという傾向があります。

株というマネーゲームは、投資家たちの売買戦略を読むことが大切だとわかりました。

そして、投資家たちの戦略を読むためには、企業の成長戦略に目をむけ成長性や業績、そして、関連ニュース等に目を配らせる必要があります。非常に大変な作業であることに気づいた私は、私の成長戦略を知識で終わらせるのではなく、きちんとルール化して取引を行うように考えてみることにしました。

モアイの成長戦略

私の成長戦略を行ったときの着地点を決めます。そして、それを元に月当たりの損益額を弾いてみて、現実味のある数値に落とし込み実行します。

そして、今の私ならこれくらいが妥当なラインとか思って設定しました。

投資予算  :約80万円

年目標損益 :最低10万円

月目標損益 :8.5千円/月 (1.06%) 

週目標損益 :約2千円/日

週に2千円なら頑張れば、行けそうな気がしませんか?毎週1%ずつ稼ぐことができれば達成します。

例えば、300円の株を1000株買って+2値上がりして、売ってしまえば、2000円の儲けです。楽勝のように感じます。(⇐ また罠にハマるパターン)とにかく、まずは調子に乗らず少しずつ軍資金を集めて、ディスニーランドの優待券を手に入れようと思います!笑

まとめ

今回、初めて投資状況や考え方を投稿してみました。株の先輩たちからすると何いってんだ、と思われるかもしれませんが、そのレベルに思われるように色々経験したいと思います。

今回は、初心者が思ったこと。初心者が「おれだけ?」と不安にならないようなことを書いたつもりで、いえることは、闇雲に突っ込んでもいいことがない。まずは、自分のボーダーライン(軍資金や精神的に安定する投資量、そして、売買基準)を作ってみるほうがよいかもしれませんね!

では、またの投稿を!

いまだに1~2回くらいしかアクセスされてないので、さみしいですが、がんばって投稿します。はじめて来たひとは、ひやかしでもいいので、コメントください。

刺激がほしいです。

スポンサーリンク

【投資関係Topに戻る】 【次の記事を読む】

コメント