レッドマウンテン(LOC Kargil)ボリウッドムービーを紹介

スポンサーリンク
インド生活
スポンサーリンク

Yes,Sir!! I’m MOAI, Sir!!

 

本日、気合入っています!!2個目の記事を書きます!!

 

皆さんは、1度はボリウッドムービー(Bollywood Movie)という言葉を耳にしたことがあると思います。

今回は、その数あるボリウッドムービーの中から1つをピックアップしました。

その名も・・・

レッド・マウンテン(英名:LOC Kargil)

多くのインド人を熱狂させたボリウッドムービーのレッドマウンテン(LOC Kargil)について紹介します。

舞台は、1999年のカシミール(Kashmir)地方です。自然豊かな地 カシミールの領土をめぐりインドとパキスタンが戦争を続けています。その様子がわかる映画として非常におもしろい映画となっています。

ボリウッド・ムービー(Bollywood Movie)

まずは、そもそもボリウッドってなんだよ。パクリかよ。という人のために、ボリウッドを説明します。

ボリウッドと呼ばれる以前は、ボンベイ映画と呼ばれていましたが、(現在、ムンバイと呼ばれている都市は、昔はボンベイと呼ばれていました)、この「ボンベイ」とアメリカの「 ハリウッド 」をミックスする事によって「ボリウッド」という言葉が出来上がったのです。

ボリウッドの「ボ」の意味が分かりました!

インドの映画館は、2017年現在で1,986本の長編映画を生産し、2017年時では、年間364本のヒンディー映画を生産しており、世界最大の映画業界となっています。

2014年時では、ボリウッドはインドの興行収入の43%を占めており、 ボリウッドは、世界最大旧の映画産業となっているのです。2001年のチケット販売に関して、インドの映画館(ボリウッドを含む)は、世界中で年間推定36億枚のチケットを販売されました。一方、ハリウッドのチケットは26億枚販売とのことです。

Bollywood - Wikipedia

 

非常に興奮しますね!インドの勢いに圧倒されそうです!

映画のチケット代

インドに長期滞在する人は、1度は映画館に足を運んでみては如何でしょうか?

映画のテーマにもよるらしいですが、50~250ルピーで観ることができるようです。私は1度だけ映画館に行きましたが、そのときは150ルピーでした。

ちなみに、

  • ポップコーンは 50ルピー
  • コーラは 50ルピー

ということで、合計で250ルピー程度(400円程度)で楽しむことができます!興味が湧いてきましたか??

 

さて、気になる映画館の様子ですが・・・

大きい映画館だとこんな感じです。私が行ったところは、これよりもカナリ小さいですが、これくらいキレイでした。そのほかには、下のような映画館もあります。

このような映画館で見るのは結構興味があります!試してみたいですね!

レッド・マウンテン(英名:LOC Kargil)

こんな雰囲気で映画を見るとしたら本日紹介するレッド・マウンテンをどうぞ!!

会社の若者やオッサンたちもコレを見た後はすごく興奮していました。

YouTubeで検索すると字幕有りVer.がありますよ!

 

日本語用もありましたが、YouTubeにはありませんでした。残念です。

雰囲気は面白そうですよね!

あとは、数多くの面白い映画を見ることをスッ飛ばして、こいつに手を伸ばすほどの好奇心を持つだけです。

面白ければコメントくださいね!

インド国内出張中、こんな人に出会いました

彼は、インド陸軍兵士のSrinivasa Raoさん(42歳)

なんと彼は、今回紹介したカシミール地方の出来事に初めから現在に至るまで参加しているというのです。

非常に面白い話を聞いたあとで、
この映画についてどう思うか?と聞いたところ
すこし映画用に派手に作られているが内容は殆ど同じだ。
現実は、もっと静かで、そして恐ろしい空気が漂っている。
仲間が突然居なくなることも多く、任務中は常に死を感じている。

とのこと。

唯一の楽しみは、食べること。なかでも週2回はお酒を飲むことができるので、そのときに嫌なことや死んだ仲間のことを話して気持ちを切り替えてきたそうです。

なかなかヘビーでした。

そんな彼は、リフレッシュ休暇で45日間のお休みモード。

 

インド北部からインド南部まで電車で4日かけて移動します。笑。
公共交通機関であれば移動費用はタダ。往復8日です。

すっかり仲良くなった私は、連絡先を教えられて、いつか遊びにこいと言ってくれました。いい人です。

兵役、お疲れ様です。

最近のカシミール地方

印治安部隊の車列に爆弾、40人死亡 カシミール
インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のインド支配地域で14日午後、治安要員を乗せた車列の近くで爆弾が爆発し、少なくとも40人が死亡した。同地域の警察が明らかにした。

 

この映画の背景となっている

インドとパキスタンの国境付近(カシミール地方)での戦い。昔の話かと思ってしまいますが、現在も続いています。両国からすると非常に深刻な問題です。

この記事を書いているとき、ちょうど以下のニュースが報じられていました。

 【ニューデリー=小峰翔】インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のインド側で14日、治安部隊を乗せたバスに車が突っ込む自爆テロがあり、インドメディアによると、治安要員44人が死亡した。パキスタンを拠点とするイスラム過激派組織「ジェイシュ・ムハンマド」が犯行声明を出した。

 インドのモディ首相は14日、ツイッターに「攻撃は卑劣で、強く非難する」と投稿した。4~5月に総選挙を控えるモディ政権は、対パキスタンでの弱腰批判を避けるためパキスタンに強硬な姿勢で臨むとみられ、両国間の緊張が高まる可能性がある。ジェイシュ・ムハンマドはカシミールのパキスタン帰属を求めている。

 現場はカシミールのインド側の中心都市スリナガルから約25キロ・メートル南東の国道。約2500人の治安部隊がバス70台以上に分乗して移動中、爆発物を積んだ車が車列に突っ込んだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00050028-yom-int

モディがメッチャ怒ってます。

 

なぜカシミールが舞台なのか?

と、いうのも
カシミール地方は、自然豊かであり美しい場所としてインド人の観光スポットとなっております。
パキスタンはどうしてもほしいのです。

 

また、この「カシミール」どこかで聴いたことあるような同じ響きのものを我々は知っています。

そう「カシミア」です。

高級織物のカシミア(英: Cashmere wool, カシミヤとも)の語源で、カシミアはこの地域原産のカシミア・ヤギの毛から作られています。

 

私自身もカシミール地方に足を運びたいと思ってます。

舞台となったKargilというところの近くには、

レー(Leh)と呼ばれる都市(旧王都)があり、標高3650mの位置にあります。景色や彫刻等の非常に文化的な場所と呼ばれており1度は足を運ばせる価値があると思っています。

行ったときは報告します。

まとめ

今回は、ボリウッドムービーの興りからオススメのムービー(和名:レッドマウンテン。英名:LOC Kargil)について紹介しました。

皆さんも、ボリウッドやレッドマウンテンについて興味がありましたら、お試しください!!

カシミール地方は、非常に自然が美しい場所です。みなさんも争いが治まったら足を運んでみてください。

スポンサーリンク

【前の記事へ】  【次の記事へ】

 

コメント