2皿目 インド生活での必需品

スポンサーリンク
インド生活
スポンサーリンク

2018/11/17 23:19(インド時間)

スポンサーリンク

なますて、モアイです。

ようやく赴任先の村に到着しました。ブログもようやく2皿目です。ブログって結構しんどいです。頑張ります。

さて、質問ですが、

みなさんは、インドの生活ではどんなものが必要が想像できますか?

今回も、インドで生活をスタートし、生活してきて必要となったものや、手に入れなければならない知識を書こうと思います。ちなみに、都会で暮らす人には必要ないかもしれません。笑。都会にはやっぱりある程度なんでもあります。

スポンサーリンク

移動関係

タクシー

インドでは、タクシーがかなり走っています。(どこの国もそうですが)そして、思った以上に質がよくありません。なかでも目立つのは黄色いタクシー。

これは、現地の人がよく乗るタクシーでありエアコンがついてないので結構しんどいです。
ついでに、かならずボッタクラレます。英語を話せる人はレアケースです。

そこで、乗ったほうがよいタクシーは白いほう。

白いやつはエアコンもついてますし、比較的、英語を話せる人が多い気がします。ただし、見た目は普通の車なので、慣れていないと判別しづらいかもしれません。

そして、ボルことはボリます。笑

そこでそこで、UBERやOLAというタクシー配車アプリを使いましょう!
私のお勧めは、OLACABS(通称OLA)です。

このタクシーは、インドの中では主流となっており、ピックアップする場所から目的の場所までを入力すると値段も表示してくれますし、運転手の顔や評価も分かります。
また、配車依頼してからタクシーがどこにいて、あと何分で到着するかも分かる、なかなか便利なやつです。

ちなみに、コルカタの空港から街まではRs500程度で行けます。現地の呼び込みのおっさんたちは、1000とか、1500とかいいますので、100%無視して、ぜひご利用ください。

まず、着てほしい場所を入力すると、Taxiがチラホラ

行き場所を入力して、「RIDE NOW」をポチッと

明瞭会計な仕組み。空港から市街地まで568ルピー!

なお、このOLAは、アプリがありますので、インストールしてみてください!

電車

電車に関しては、国営電車しか乗ったことがありませんが、先般、記述したページを見てもらえると助かります!

ここで言えることは、部屋タイプのシートを予約して、出発前にトイレを済ませることです。長距離移動なら、クッキー🍪とか買うといいかもしれません。

飛行機

空港に入るときには、銃を持ったポリスがセキュリティチェックをします。セキュリティチェックでは、所持品検査ではありませんが、パスポートとeチケットと本人照合をします。

これをしないと入れませんので必ず持ち込んでくださいね!!最悪なくても入れますが、航空会社の人を外に呼び出して、チケット発行してもらってから、入れます。時間が相当かかりますので、eチケットを持ち込むことをお勧めします!

ついでに、インドに居住する事になる人は、インド出国時にはFRRO(Foreigner Regional Registration Office)登録証明証の原本が必要です。これをイミグレーションで見せないと出国出来ません。

そんなことなったら、本当に最悪ですよ!笑

そのFRROのゲットの仕方は、こちらのサイト(http://palette-in.jp/20170828-041-frro/)を参考にされると良いかとおもいます!
このサイトでは、非常に親切に手順や補足事項を記載してくれてますので
私も助かりました。

あと、できるだけインターネットを繋げれる様な環境にしておいたほうがよいです。インドは変なところでITが進んでいます。インターネットやケータイ電話があって当たり前のようにSMSやメール、電話での確認を行います。Wi-Fiは持ち歩くようにしましょう!

おまけ

ちょっとした補足ですが、荷物を運ぶ各場所(空港、駅、タクシー乗り場等)には、荷物を運びたがる人がいて、勝手に荷物を持ってOK!OK!!って言って来る人がいます。彼らは、荷物を運ぶ仕事をしている人なので、チャリティー好きの人はご利用ください。ただ、持ち逃げされる可能性もありますので、ご用心を。

会社が手配したピックアップする人かな?ってついつい思ってしまいますが、違います。笑

生活用品

インドには13億人もいて、多様性にあふれているかと思いますが、思った以上に多様性はありません。(個人の意見です。。。笑)みんなが同じものを食べ、同じことをして、それを何千年と続けてきたのでしょう。バラエティがなさ過ぎて、困ってしまうことがあります。

そこで、私がインドに住んで、「これは日本から持って行った方がよい」というアイテムを紹介したいと思います。

歯磨き粉

インドで売っている歯磨き粉は不味いです。そして、磨いた後の歯のツルツル感があまり感じられません。(歯ブラシがあの時悪かったのかもしれませんが。。。)
歯磨きに全くコダワリがない人以外は、持参したほうがよいかもです。

 

1日1プッシュ!蚊がいなくなるスプレー

蚊が結構大きくて、刺されたら少しチクッとします。インド人はあんまり生き物を殺したりしないし、まず、気にもしていないので蚊をやっつけることをやろうとしません。

蚊も殺されなれてない?のか、日本の蚊の俊敏さに比べて動きが鈍く簡単にヤることができますが、めんどくさいので、ワンプッシュスプレーをしましょう!プッシュしたあと、しばらくすると床に転がっています。効果抜群です!

ただし、インドの夏(3月下旬~5月下旬)頃は暑すぎて蚊が行動しませんので、使うタイミングがないかも知れません。6月からは雨季に入り気温も落ちていきますので、蚊もインド人も少しずつ活発になってきます。

 

バルサン(粉末タイプ)

バルサンのようなやつは、蚊だけでなくダニやノミ、そして、ヤモリ等を退けてくれる大切なアイテムです。よく天井とか至るところでガサガサと物音がしています。気味が悪く、いつ落ちてくるかわからない恐怖と戦うよりも、彼らと戦うことを決意しましょう。

なお、粉末タイプを買ってください。ガスタイプは、空港で没収されます。
私は没収され、ついでにワンプッシュスプレーも没収されました。

 

虫取り網

この虫取り網は、虫を捕まえるに非ず!!
こいつの役割は、ヤモリを捕まえるためにあります。
インドのヤモリは、デカイし、賢いし、多いしで、かなーりうっとおしいです。笑

もちろんウンコもデカイのです!毎日至るとこにウンコが落ちていて処理する自分が情けなくなってしまいます。そこで、虫取り網の出番です。捕まえては遠くに逃がし、捕まえては遠くに逃がしで帰ってこれなくしてください。めんどくさいときは、トイレに流したりしていました。かわいそうなことしてごめんなさい。

だんだん効果が出てきて、最近では1日1個くらいになってきました。来たばかりのときは4~5個のウンコが毎日落ちていて、壁に2匹くらいはいつもいました。

ちいさい虫を食べてくれるからいいか~と優しい理解のある大人を演じていましたが、虫のウザさよりもウンコのウザさが勝り、益トカゲから害トカゲに登録されました。

ちなみにインド人は、気にならないようです。寛大です。

隙間テープ

家の中は隙間がたくさんあります。その隙間は、虫やヤモリたちの玄関となりますので塞いじゃいましょう。また、砂埃なんかもそこから進入してきます。

そういう外壁から部屋のなかへ入る経路の間には、空間がありそこに多くの生物が生息しています。それを蛇が探知してきて蛇も侵入することがありますので、油断なりません。穴はしまっちゃいましょう。

クイックルワイパー

インド人のハウスキーパーは、非常に雑な仕事をします。
もちろん彼らなりに頑張って仕事をしてくれていますので、文句を彼らに言うことはありませんが、普通の日本人の感覚では、不十分なため結局自分で掃除をし始めます。

普段は、ワラのホウキで掃いてくれ、ときどーーき、モップで拭き掃除をしてくれます。しかし、掃除にホウキのワラのクズが落ちていたり、掃きが不十分で残りクズがあったりと細かい作業が苦手です。というよりも意識をしていない。また、モップが汚いまま拭くので、かえって汚くみえたり、水アカのように残ったりしています。そのときに、役立つのがクイックルワイパー系の吹き掃除道具。

最後の締めは、自分で行ってください。もちろん「俺はそういうの大丈夫な人!」って人は不必要です!

常備薬(特に腹痛用)

これは、インドだからって訳ではありませんが、インド特有なものがあります。
腹痛対策です。

インドの腹痛は、日本で起こる腹痛と若干異なります。

やはり水関係が怖いです。慣れるまでは、ペットボトルの水を買って飲んでください。ちなみに、観光地とかでは悪い人がいて、空のペットボトルに単なる水を入れて、ボンドでキャップを固定して売ったりしている人がいますので、注意してください。普通の場所では、おそらく問題ありませんが、観光客とかが多い場所では、起こりやすいです。

ペットボトルのキャップのリングとフタがキチンとつながっていることを確認してくださいね。

ちなみに、市販薬ではストッパが一番効果的だそうで、周りの日本人も口々に言ってます。

 

コーヒー豆

コーヒーが好きな人は、豆を持参することをオススメします。インド内の一般的なところでは、インスタントは販売していますが、ドリップコーヒーのような豆から淹れるコーヒーは、都会のショッピングモールとかへ行かなくては手に入りません。

私もいつも持参します。先日、買い忘れて日本の空港のスターバックスでコーヒー豆を買いました。
店員さんとこの豆がウンタラカンタラと話をしながら会計を終えて 一言。

ありがとうございました。また来ますね!

すると、店員さんが

ありがとうございました!

ご自宅で、楽しく召し上がりください!(ニッコリ)

と一言。。。
ここは、海外線で今から海外に行こうとしているのに「ご自宅?」
彼女は、私を外国人だと勘違いしていたのか、マニュアルにしたがったのかは、わかりませんが何だか寂しい気持ちになりました。

日本食用具材

これは、特にいう必要もないとは思いますが、

日本米やご飯のお供(ふりかけ、漬物、のり、シャケフレーク等)は、なかなか手に入りません。デリーとかだと可能らしいですが、コルカタにはありません。慣れない内は日本食が恋しくなり味噌汁なんかメチャメチャ美味しくなります。

十分にご用意を!

あと、焼酎なんかも手に入りませんよ。しかし、インドはウイスキーがポピュラーであり、安くて美味しいものがあります。一度試してみてください。私はいつもハイボールにして飲んでいます。

また、日本人は麺類が大好きですが、インド人はあまり麺を食べません。なので、麺好きな人は棒ラーメンを1こ、2こカバンに忍ばせておくと、心に余裕ができます。袋麺はかさ張るので、めんどくさいです。そのときには、ラーメンクッカーなんかがあると非常に便利です。コンセントはいたるところにあって、ホームレスの人たちの独占したりしてますので、使わせて?と言えばOKって言います。電車の中にもコンセントがあるので、小腹が空いたら作ってみましょう!

まとめ

インドで必要なものや知識を紹介しましたが、いかがでしたか?

前半は、乗り物関係でした。ITが進んでいるところとそうでないところのギャップが著しいく、海外はどこもそうですが、自分の身は自分で守らなければなりません。警戒して準備して、快適な移動を行ってください。

後半は、居住空間に侵入してくる外敵?との対応策ばかりでしたが、こいつらが心の平穏を揺るがす要因のひとつではあることは、間違いありません。免疫があるかたは問題ありませんが、不安な人は、準備して下さいね。

スポンサーリンク

【 前の記事へ 】  【 次の記事へ 】

コメント