インドの冬。そう絶好のピクニック日和!ピクニックゴハンを紹介

スポンサーリンク
インド生活
スポンサーリンク

ナマステ!モアイです!

 

インドでは、冬が始まり過ごしやすくなるとピクニックシーズンがスタートします。

今回は、ピクニックに行くとインド人が何をして楽しみ、何を食べて喜んでいるのかを観察してみましょう。

日本のピクニックを比べてみてはいかがでしょうか?

インドって広いんです

当たり前ですね!みんな、知っています!

しかし、思ったよりも広いんです!

インドの下から上までの幅(緯度)を見てみると、下は赤道付近のフィリピン🇵🇭のところから、上は日本🇯🇵の鹿児島県のところまであります。

あまり意識出来ないと思いますが、下の画像くらい差があります。現時刻(2019年1月16日23:20 インド時間)

気温差は、23℃です。

インドは広大であることが理解できたでしょうか?

では、私が住むインドでは、24度。

いいかんじの気温ですね!

 

朝方は、10℃付近まで下がり日本人がイメージする『常夏』とは、少し違っていることがわかりますね!

夏場は、50℃程度まで上昇するので暑い国ではあります!(住む場所にもよりますが、私の地方ではそのくらい上がります。)

盆地は夏は暑く!冬は寒い!という特徴があります!

そんなインド、13億人が住む・・・インド

そ〜〜っと、彼らの冬の生活を覗いてみましょう!!

さぁ!いくぞ!!ピクニックへ!!

そう!涼しくなると家から飛び出し!わさわさと出てきてピクニックへ行くのがインド人の習性です。

ピクニックシーズンは、下の4ヶ月でありピークは12月と1月です。

11月(少し暑い),12月(涼しい),1月(寒い),2月(小春日和)というような感じです。

毎週ピクニックに行く人もいます。

この『ピクニック』、日本のものとは違うので初めは少し驚きました。

外で飲んで、お菓子やツマミを食べて、みんなでゲームをして、踊って歌って酒飲んで、そして、最期にシメのカレーを食べて、また踊る!

という流れを広大なインドの中で13億人が行い、うごめきあっています!

実際に行ってみた。。。

車を走らせること10分。

下の動画のような場所をただただ進んでいく。

すると野っ原のなかに少し整備された広場に到着。そこでは既にシェフ達が調理を開始していました。

目の前にあるのが、『Chicken Pakora : チキンポコラ』、日本で言う鶏の唐揚げです。

ニンニクが強く、そして辛いです。ビールと良く合うのでインドに来たらオツマミとして食べてください。

ちなみにオツマミのことをSnackfinger foodといいますが、
インド人はもっぱらほとんどの食べ物がFinger FoodなのでSnackというのでしょう。

 

こちらの揚げたものは、『Panir : パニール』という食べ物です。

 

このパニールという食材は、水牛やヤギの乳を温め、レモンまたはライムの汁、酢など酸性の液体でタンパク質および脂肪分を凝固させて乳清から分離したカッテージチーズを押し固めたものをそう呼びます。外見は豆腐に似ています。

味は、薄味のチーズです。

俺を唐揚げっぽくして塩を振って、レモンをかけて、辛くして食べています。特にベジタリアンの人が好んで食べるSnackです。

 

そして、それらスナックを食べているのが。。。そう、インド人の人たち。サリーを着た人たちが椅子に座ってスナックを食べている光景です。インドでは、同じエリアに男と女が混同してすわるケースは少なく、男女別々というのがよく見られる光景です。

宗教上というわけではありませんが、自然と固まってしまうだけのことらしいです。

和やかな1枚です。
彼らは、この後インド人のポイ捨てを食べるために十分に休息をとっているところです。

 

スナックも食べたし、飲んだし、さぁ~メインを食べてすぐ帰ろう!と思っていますが、実はココからが長い。

インド人のパーティは長い!暇だから長いと感じてしまうのだと思いますが、スナックタイムが2時間。それからメイン料理がスタートします。

スナックタイムに何するの?と、いうと。。。

踊ります。歌とダンスが大好きなインド人。ボリウッドムービーが生まれるわけですな。

ひととおり踊り楽しんだら、また小腹が空くわけです。

そこで、真打ち『メインディッシュ』が登場します。

こぞってこぞってこぞりまくっています。

何が出てくるか楽しみですね!

期待を裏切らずに、カレーかな?

それとも、バターカレーかな?

はたまた、キーマカレーかな?

もしかしたら、スープカレーかな?

スポンサーリンク

ピクニックで出てくる代表的な食事

これがそのときのメニューです。すこし見栄え良く撮れば良かったとブログを書きながら反省しました。

そして、勢いあまって食べてしまったので更に見栄えが悪いですね。

     

上の三角形のポリンキーみたいなものが、

【Papad:パパド】
 うすしお味 

それから時計回りに、

 

【Chili Chicken : チリチキン】
 甘辛く炒めた鶏肉

【Vegetable Soup: 野菜スープ】
 名前はないらしいです。スープ系をワンプレートに乗せてくるとは思いませんよね。ふつう)コンソメ味。

【Chili Panir:チリパニール】
チリチキンのパニール(チーズ)版

【Mutton Curry for Japanese : 日本人用辛さ控えめマトンカリー】
 マトン(ヤギ肉)のカレー。日本人用に辛さをほぼゼロにしたカレー。ほんと、要らんことしてくれます。辛くないカレーは非常においしくなく、それは彼らが一番分かっているはずなのに。笑。色もマトン色です。

【Tomato:トマト】
 トゥメイトゥと発音してください

【Fried Vegetable:野菜の揚げ物】
 野菜の揚げ物です。辛くなく、野菜の自然な味と揚げ物の味の見事なコラボレーションです。Fly(意味:ハエ)ではなく、Fry(意味:揚げ物、炒めもの)ですので注意が必要です。
 インドでチョクチョクみかける光景ですが、Fly on the fryです。発音に注意しましょう。

【Mutton Curry for Indian ; インド人用辛さノーマルバージョンのマトンカリー】
 野菜の揚げ物とチリチキンの間に挟まれているものがそれです。分かりにくいですが、それが、コレです。日本人用よりもおいしいです。舌がインド人になってきたのかな?

以上がメニューでした。

これらメニューに関わらず、みんな手で食べます。指を舐りながら食べていました。

 

下の写真は、食後にみんなで手を洗っているところの光景です。
手をきれいにすることは大切ですが、ピクニック場の至る所にプラスチックのコップ等、土に還らないものをポイ捨てすることは止めてほしいものです。
土に返るプラスチックの普及を急いでください。

ご飯を食べた後は、体力回復したのでダンスを再開。インドのパーティやピクニックは1次会ですべて完結。5~6時間続き、夜開始のパーティとなると朝まで踊り狂うそうです。

われわれは食事を終えたら家に帰りました。

ピクニックを終えて

今回、ピクニックに参加して大いに楽しむことができました。
このブログを読んで、みなさんもピクニックに行きたくなったのではないでしょうか?

私はこんなピクニックをしたよ!という感想がありましたらコメントくださいね!

スポンサーリンク

 【前の記事へ】     【次の記事へ】

コメント