【祝】遂に承認!Google AdSense!!プログラムポリシー解決法

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは!!モアイです!!

遂にGoogle AdSenseから承認してもらえました!!私のサイトはGoogle 先生に認めてもらえたのです!無能のサイトではなかったのです!!

非常に嬉しく興奮しています!

今回は私が承認してもらえるまでの道のりを公開して、今から駆け出していくブロガー達の参考にしてもらえればと思います!

スポンサーリンク

承認までの道のり

私がブログを立ち上げて、Google AdSenseの承認を貰うまでの道のりを紹介します。

2018年11月からブログ立ち上げを決意

11月7日  :Xserver&お名前.comでサーバー&ドメインを購入

ブログ立ち上げ動機:自分の歩み・経験を紹介し、役に立ってほしい+副業
ブログエディター:Word Press(応用性・汎用性の高さおよび利用者数の多さから困ったときの対処法が簡単に検索できると思ったから)
Xserver:パフォーマンスおよび維持費用が比較的有料なため利用
お名前.com:Google AdSenseでは無料ドメインは使用不可なため利用

11月11日:初めてのブログ記事を投稿

1つの記事を投稿するのに5時間くらいかかった。
WordPress をいきなり使いこなすことができずに、
WordPressの仕組みの理解から始め、どのように記事を作るのか、編集するのか、
そして、投稿して、それを修正という作業に非常に時間がかかった。

2日に1記事の進捗率で記事の投稿を続ける

なんとか2日1記事というペースで書き続ける。

記事の内容:カテゴリーでの多い順に、公務員試験>インド関係>資産運用>雑談
※Google審査基準には、HPタイトルと記事の内容は別に繋がりがなくてもOK
※SEOで優良と判断し拾い上げてくれることとGoogle審査は別基準
平均文字数:2500~3500文字(言いたい事を記事にすれば、この程度の分量になる)
アフィリエイト掲載数:1つの記事あたり6~8つ(詰め込んだ)
写真の数:1つの記事あたり3~6枚(1段落に1枚くらい)
総平均文字数:アフィリエイト等を掲載すると文字数が増え、結果3000~4000文字

11月19日:10記事投稿してからGoogle AdSenseに申請

なんとか10記事。まずは試しに申請。その間もせっせこ記事を書き続ける。

11月24日:申請コードを<head>内に入れるように注意される

言っている意味がわからず、多くの人のHPで方法を見て試みる。見やすいHPはコレ。

グーグルアドセンスの審査でコード貼り付け!「HTMLでタグを探し、その直後に貼り付けます」のやり方は? | インターネットビジネスで自由に生きる!会社を辞めて海外にいながらブログで稼ぐJINのサイト
グーグルアドセンスの審査の申請を出すと、その過程の中で、 「HTMLでタグを探し、その直後に貼り付けます」 みたいな「サイトとAdSenseのリンク」と呼ばれるコードの貼り付けの手順が出てきます。 このコードの貼り付けでは、ワードプレスのheader.phpファイル・・・

このとき、11記事投稿済み

11月25日:対応後、再申請


ワクワクしながら返信を待つ。このとき、相当な自信アリ。

このとき、18記事投稿済み

12月05日:承認不可メールが届く

内容はプログラムポリシーに反しているとのこと。

Google プログラムポリシーhttps://support.google.com/adsense/answer/48182

10日間も待った結果、承認ならず。すごいへこみます。
理由は、プログラムポリシーに準拠できていないという謎の回答。
詳細は、Google先生は教えてくれません。

12月07日:対応後、再申請

対応内容

プライバシーポリシーの作成

これがないと絶対ではないですが、合格しづらいそうです。

Google Analyticsのプラグインのインストールと設定

オススメのプラグイン:Google Analytics for WordPress by MonsterInsights

MonsterInsightsのプラグインが優れている点
  1. アクセス解析のGoogle AnalyticsトラッキングコードをWordPressを利用したWebサイトのHTMLのヘッド要素に簡単に挿入できる。
  2. WPテーマのテンプレートを直接編集する必要なし。Googleアカウントとの連携またはUAコードを手動入力して初期設定を行います。
  3. WordPressの管理者ユーザーでログインしている状態で、管理者ユーザーが自分のWebサイトにアクセスした場合、トラッキングコードを出力しないようにできる。管理者のアクセス数を除外できるので、より正確なアクセス解析ができる。
  4. Google Analyticsの様々な拡張オプションに対応している。
  5. 簡易的なアクセス解析レポートの表示機能もある。
  6. 機能を更に拡張した有料版のWPプラグインあり。
  7. WPプラグインの管理画面は日本語化されている。

この人のHPから抜粋:https://netaone.com/wp/google-analytics-by-monsterinsights/

完全に鵜呑みにしています。一番の決め手は、3番です。

Google Search Consoleの登録

グーグル サーチ コンソール 略してサチコ。サチコに自分のHPの存在を教えて、HP来訪者の出口調査をしてもらう。これで、訪問者の趣味や興味があることを調査し、Adsenseで最適な広告を準備してもらう。サチコは仕事ができる。

最小限のアフィリエイトリンク数に削減(1つの記事で1個~2個)

必要以上の広告は、記事の質を低下させるという判断をGoogle先生はする可能性が高いです。

私は欲に釣られてしまい、もしかしたら・・・と思い沢山広告を貼りました。しかし、2018年12月9日現在、PV数が少ないというのもありますが、クリック数が「0」なので消しました。あっても無くても変わらないのあれば、消してGoogle AdSenseに合格してしまいましょう!

問い合わせフォームの設置

コレは、できるだけ設置しておきましょう。読者との架け橋になるので必需品。
いまだ誰もコメントしてくれず(20181209日のインドの夜)⇐コレ深刻な事案です。

記事のタイトル及び内容を精査(見やすく印象的に)

誤字脱字を修正し、少なくともタイトルはスッキリさせて印象的に。
※私の記事タイトルが出来ているとは思いませんので、そこまで重要ではないかも。

このとき、19記事投稿済み

12月09日:承認受領

テンションが上がる。どんだけ~~!げんじつ~!って、ついつい言っちゃいました。

収益化が開始されたようです!どのくらい収益されるのでしょうか!

なお、本HPの現在の総PV数は30程度(2018.12.09時点)。

どうやら、Google AdSenseにはPV数の縛りは無いようです。

あれ?ポップコーンが弾けるイラストが来るんじゃないの?
と思いましたが、まずは先に進んでみましょう!

下の画像は、どっかのサイトから拾ってきたポップコーン坊やです。
もしGoogleに合格したらコレが表示されると色々なサイトで書かれています。

早く御目にかかりたいものです。

まずは、先ほどの画面から続けて進んで行きます。

Google AdsenseのHP画面です。アカウントが有効になったという連絡をここでももらえました。

お札がサボテンの周りをヒラヒラしていますね~。私のところにも飛んできて欲しいものです。

あまり内容を理解していないままポチポチと進めていきます。どうやら効果的になったみたいです。

いつポップコーン坊やが出現するのでしょうか?

あれ?これ?黒いっちゃー黒いですが、何やら雰囲気が違うような気がします!ハゲています!!明らかにハゲてしまっています!!大学院時代のハゲの友達を思い出しました。

どうやら全ての設定が完了したようです。
どうやらポップコーン坊やは、数多のAdSense合格者を出したあまりにポップコーンを食べ過ぎて、自分がポップ(破裂)したのでしょう。

ざんねんでした。スクリーンショットを撮りたかったです。。。

このとき、20記事投稿済み

ブログ立ち上げから約1ヶ月で承認受領。

サーバーをレンタルして、ドメインを購入して、セットアップ。そして、Word Pressを使い何時間も費やしながら記事を書く。この作業を20記事書いたときに、Googleアドセンスから承認がもらえたということは非常に達成感があります。

今後も記事をどんどん増やしていき、皆様のお役に立てることでできるよう頑張りますので是非とも足を惜しげなく運んでくださりますよう、よろしくお願いいたします。

【前の記事へ    【次の記事へ】

コメント